インターネットで上手に情報収集!医学部予備校の紹介サイト!!

( 更新日:2019/12/09)

★東京以外のおすすめ医学部予備校って意外と多い!?★

2017.10.31

東京以外のおすすめ医学部予備校医学部予備校と言えば東京は一番校舎数が多く、渋谷駅周辺は激戦区とも言われていいます。医学部を目指す場合、東京の医学部予備校を目指す傾向がありますが、他の地域にも実績豊富な医学部予備校は沢山あります。東京は物価も高いので、生活費も高かったりします。地方の医学部予備校でも東京の医学部を目指すことは十分可能なので、近隣にある医学部予備校も候補に入れてみると良いでしょう。ここでは、医学部予備校選びに参考になればと東京以外にある医学部予備校のおすすめ校を紹介したいと思います。まず、東京に次ぐ規模と予備校数の多さを誇る大阪です。大阪には医学部予備校の数が多く、関西以外からも受験生が集まってきています。おすすめは、医進の会です。特に関西の医学部を目指す場合、情報量と指導ノウハウが豊富なので効率よく対策できます。少人数でしかも個別指導なので自分の得意・不得意に応じて無駄のない指導が受けられます。授業を受ける座席がそのまま自習室としても使えるので移動や席取りの必要がないのも魅力。1日中こもって勉強に集中できる環境が用意されています。次に、最近メディアでも注目されている福岡ですが、福岡市内から少し離れた学問の神様で有名な太宰府にある太宰府アカデミーは数少ない全寮制の医学部予備校として実績が豊富です。24時間365日生徒をサポートしてくれるので、離れた土地で勉強に励む子を見守る親からしたら安心感が違います。学習面のみならず、生活面から徹底管理してくれるので辛い受験生活も集中して取り組むことが可能です。福岡大や久留米大など地元の医学部に強いですが、東京をはじめとした全国の医学部に豊富な実績をあげており、こちらも生徒は全国から集まっています。最後に、少人数指導で高い医学部進学率を誇る名古屋のKGSです。少人数クラスと個別指導による丁寧な指導で高い合格実績を上げており、難関私立および国公立医学部も目指すことが可能です。学費も他校に比べると割安であり、全国各地から問い合わせが絶えない人気の医学部予備校です。以上、今回は全国で東京に負けない実績を誇る医学部予備校を3校ピックアップしてみました。これらの医学部予備校なら合格も実現不可能ではなくなるので、ぜひ資料請求や体験授業に参加してみると良いでしょう。

★医学部入試1次試験合格者は学費を大幅に下げられる可能性あり!★

2017.8.21

医学部予備校の特待制度医学部予備校と言えば学費が高いことで有名ですが、その分手厚い指導と圧倒的な学習量を確保することが可能です。年間500万円する医学部予備校も珍しくなく、サラリーマン家庭では通塾させるのが難しいのが現実です。しかし、医学部予備校も経営していくためには医学部合格実績を上げていく必要があります。そこで優秀な生徒を集めるべく特待制度を設けている校舎も少なくありません。多くの医学部予備校では選抜試験を実施して成績によって学費の免除が受けられる仕組みが一番多いようです。ただし、なかには医学部入試一次試験合格者は、選抜試験を受けることなく学費の免除が受けられるケースも見受けられます。医学部入試で1次試験に合格しているということは、学科試験はパスしており、あとは論文と面接対策をしっかりやれれば合格に到達できるところまでいるということです。したがって、医学部予備校としては是非とも1次試験は欲しいところでしょう。では、どんな医学部予備校が1次試験合格者の学費免除を実施しているかというと、合格実績の高い渋谷にあるレクサス教育センターが該当します。「一次合格優待」という特待制度を設けており、一次試験合格者は学費が30万円免除となります。また、一次試験合格者は選抜試験受験資格が付与されており、合格して上位2コースのいずれかに入れれば400万円以上する学費が最大186万円まで下げることが可能です。約半額以下の学費を実現できると同時に大手予備校にも匹敵するのでお得となります。しかも上位コースは医学部合格率が高いので、医学部に入れるチャンスが高まります。また、同じく渋谷にある医学部予備校のウインダムでも、一時合格特待を用意しており、通常より49万円引きとなり249万円で受講することがかのうです。さらに、慈恵、順天、日医、昭和、国公立の医学部に進学できた場合は合格報奨金として20万円受け取ることが可能となります。以上のように、一次試験に合格していれば授業料の免除が受けられるため、医学部予備校も候補に入れることをおすすめします。

★医学部予備校の強みって何?大手予備校の環境から比較してみました★

2017.7.27

医学部予備校の強み医学部予備校は、医学部受験を専門に扱う進学予備校です。他の大学受験予備校と異なり、医学部を目指した受験生のみが集まり、専門指導が受けられるので効率性が高いのが特徴です。では、医学部予備校を選ぶメリットとは具体的にどのようなモノなのでしょうか。大手進学予備校と学習環境と医学部予備校を比較してみて、医学部予備校で勉強する強みをまとめてみましたので参考にしていただけたらと思います。まず、大手進学予備校は規模が大きいので、人気講師の授業となれば大教室で行われがちです。しかも、授業は一方通行であることがほとんどです。いっぽう、医学部予備校は少人数指導を採用しているので講師との距離が非常に近いのが特徴です。講師との距離が近いということは信頼関係を築きやすく、いつでも質問や相談ができるようになります。また、授業中も講師と生徒がコミュニケーションを取りながら進めていけるので、理解や集中の点でメリットが非常に大きいです。次に大手進学予備校は生徒数も多いので生徒の学習管理の点でそこまで細かくありません。拘束力がないのでノビノビと学習できるメリットはあります。ただし、自己管理が苦手な受験生なら簡単にサボってしまうことができてしまいます。この点、医学部予備校の学習管理体制は厳格です。まず、1日12時間学習を強制しているケースが多く、生徒は校内にある自習室で勉強しないといけません。面談の回数も多く、常に学習状況や成績を管理されているので、モチベーションを維持しながら勉強可能です。また、授業時間数も圧倒的に医学部予備校のほうが多く、大手が実施するカリキュラムの3倍勉強することも珍しくありません。また、大手予備校は講師のレベルが高いイメージがありますが、医学部対策で実績のある講師は科目等で偏りがちです。医学部予備校の方が特化しているだけあって、講師も医学部入試に実績のある人材で固めています。したがって、医学部合格に必要な学力を効率よく身につけていくことができます。以上のように、大手と比較してみると医学部予備校の強みは沢山あります。医学部合格率が高い要因にもなっているので、医学部を目指すのであれば専門予備校を強くおすすめします。

★大手だけでなく医学部予備校も選択肢に入れて豊富な選択肢から選ぶこと!★

2017.7.18

医学部予備校の選択肢医師になりたいから医学部合格を実現させいたいと思い、医学部予備校を調べるも学費の高さに大手を選ぶ受験生は少なくありません。確かに医学部予備校は高額なところなら年間500万円以上かかってしまいます。いっぽう、大手予備校は100万円ほどで医学コースを受講できます。ただし、大手予備校の多くは季節講習や直前講習の授業料が含まれていないことが多いので注意が必要です。さらに、夜間の時間を活用して好きな講師の単科講座を受講する人もいるでしょう。そうすれば結果的に多くの学費が後から追加で発生してくることが分かります。医学部予備校の学費は校舎によって全然違います。年間200万円前後から受講できるところも沢山あります。したがって、最初から学費が高い理由だけで大手を選ぶのは止めるべきです。大手予備校確かに医学部合格者数が圧倒的に多いため、自分もその中には入れると思いがちです。しかし、全国規模で多くの生徒を集めている大手だから実現できている数字であり、合格率に換算するとそこまで高くはないでしょう。現に医学部合格率も高ければ大々的にアピールしていますから。いっぽう、医学部予備校では合格率を公表しています。少人数指導を売りにしている医学部予備校が多いため合格者数ではインパクトがありませんが、医学部合格率は大手予備校に勝っているでしょう。実際に医学部合格率が7割を超えている校舎も少なくありません。ただし、ここも注意したいのが合格率は上位コースに限定して算定しているケースが多くあります。つまり、優秀なクラスの中に限った合格率である場合があるのです。自分も学力が高くて上位コースに入れるなら参考になりますが、そうでなければ合格率はあまり参考にならないかもしれません。じゃあ、どうやって医学部予備校を選ぶかと言うと、やはり自分との相性です。相性が良ければ快適に学習ができるので学力向上の効率性も高くなります。なので、人によっては大手予備校のようは開放的な環境のほうがマイペースに勉強できるかもしれません。いっぽう、自己管理が苦手でさぼり癖がある人は学習管理が厳格な医学部予備校のほうが効率よく勉強できます。学力や性格によって医学部予備校との相性は異なってくるので、積極的に様々な医学部予備校に通って自分にピッタリな環境を見つけ出してください。学習環境選びは合格に直結してくるほど非常に重要な選択となります。

★親元を離れて医学部予備校に行くなら直営寮がおすすめ★

2017.6.05

医学部予備校の直営寮医学部予備校は、近年の医学人気を伴って全国で数多くの校舎が設置されています。それでもやはり、実績法な医学部予備校は東京や大阪など大都市に集中しており、地元を出て学ぶ生徒も少なくありません。親元を離れて医学部予備校に通う場合、寮やマンションで生活する必要性がありますが、おすすめは寮のなかでも直営寮となります。提携寮などは予備校生以外にも大学生など様々な人が住んでいるため、誘惑や集中力の低下などデメリットが多いのが問題です。マンションなどで一人暮らしをする場合は、寮母という監視役がいないため日々の生活リズムが乱れて勉強にも悪影響が出るリスクがあります。直営寮であれば、寮生はみな医学部予備校に通う戦友です。日頃の生活から切磋琢磨しながら勉強に取り組めるメリットがあります。また医学部予備校へのアクセスが良い地域に設置されているため、日々の通学も便利です。なかには寮と校舎が一体となり、通学が不要な医学部予備校もあります。満員電車のストレスや通学時間とは無縁の環境下で勉強に集中できるので魅力的だと人気があります。また、直営寮の方が密接に連携して生徒を管理してくれるので、保護者の方も学習面と生活面との両方を常に見てくれるのは安心感があります。遠方で学ぶことになると学費の他に生活費も発生するので負担は大きくなります。ただし、1年で医学部合格が実現できれば、地元で2,3年の医学部予備校に通うよりも経済的となります。直営寮については、校舎一体型とある程度の距離が離れた二つのパターンがあります。どちらが良いかは個人の価値観によってきます。校舎と一体型は先ほど述べたように無駄な通学時間がなく、夜遅くまでの勉強も安心です。女性の方にとっては夜道を歩く必要もなく安心です。いっぽう、校舎からある程度の距離が離れた場合は通学時間が発生しますが、予備校から離れることでリフレッシュできるメリットがあります。つまり、オンとオフの切り替えがスムーズとなり、勉強効率がかえって上がるという考え方です。このように直営寮も様々なタイプがあるので、自分に合った環境を選ぶよう心がけましょう。

★医学部予備校比較ランキングを利用して自分に最適な学習場所を探そう!★

2016.4.22

医学部予備校比較ランキング医学部予備校を選ぶ際はどのような方法を用いていますか。一般的には広告や友人・先輩などの情報からなんとなく選んでいると思います。医学部入試は年々難易度が増しており、簡単には合格できない試験です。したがって、医学部予備校選びは非常に重要となってきます。特に医学部予備校は各校が独自の指導スタイルを確立しているため、人それぞれ相性が異なっています。したがって、他社の意見や広告だけで選んでしまわず、自分でしっかりと見極めていくことが大切です。最近では、ネット上でも医学部予備校が頻繁に取り上げられるようになりました。なかでもおすすめなのは、医学部予備校比較ランキングといったまとめサイトです。当サイトでは、医学部予備校を様々な切り口から比較ランキングで紹介しており、自分が重視するポイントを重視した指導を行う予備校を見つけることが容易となります。また、予備校紹介だけでなく、受験や学校選びに役立つコンテンツも数多く公開されているので、学習乗り組み方や予備校の選び方を詳しく理解することが可能です。ぜひ、医学部予備校比較ランキングを利用して自分に最適な学習環境を見つけ出してください。探し方としては、まず自分が優先する事項や地域で医学部予備校を比較します。そして、興味のある学校を複数ピックアップして資料請求を行います。資料が届いて詳しく確認してまだ興味があったら、次は実際に説明会や体験授業に足を運んでください。学習環境や講師の人柄・雰囲気などリアルな情報を入手できます。この作業を複数校で行うことで、自分にとって最適な学習場所に出会うことができます。では、さっそく医学部予備校比較ランキングを通じて今説明したステップを踏んでみてください。きっと素敵な学校がみつかるはずです。

医学部予備校比較ランキングはコチラ

URL:xn--0kq33cz5c8wmwrqqw1d.biz

インターネットで上手に情報収集!医学部予備校の紹介サイト!!

ページトップへ戻る

管理人情報

Copyright (C) インターネットで上手に情報収集!医学部予備校の紹介サイト!! All Rights Reserved.